学校長あいさつ

就 任 挨 拶

 ようこそ、西高のホームページへお越しいただきました。
四日市西高校は、昭和50年に開校され、本年度で創立41年目となる普通
科高校です。平成7年に比較文化・歴史コース、平成15年に数理情報コース
を新設することで、北勢地区を代表する普通高校として特色ある学校づくり、
地域から信頼される学校づくりに取り組み、地域の期待を一身に担っています。
本校は、”自主・自律をモットーに地域から信頼される活力ある進学校をめざす”ということを学校の基本理念とし、この数年でその成果もあらわれてきており、地域にも理解が浸透されてきています。「自主」とは、自ら進んでやるということ、「自律」とは、自分の行動を自分の立てた規律に従って正しく規制することです。人から言われてからやる、やらないのではなく、自己責任でもって、自分を鼓舞したり、抑え込んだりしながら行動していくということです。

 1学期の始業式で「凡事徹底」という言葉を紹介しました。その意味は、「凡事とは平凡なこと、当たり前のことで
あり、それを徹底して実践する」というです。何事も一時的、一過性の取組なら誰もが実践できるでしょうが、それ
をやり続けるということになると、それなりの覚悟と努力が必要になってきます。「他の人には真似ができないほど
徹底的に実践する」と自分に誓い、やり続けることができれば、それで自己能力は飛躍的に向上することでしょう。
これは私自身も心がけていきたいと考えています。

 これからも、生徒の夢を実現させる高校として、生徒、保護者、地域の皆様の期待に応えてまいります。今後と
も、ご理解、ご支援をよろしくお願い申し上げます。

三重県立四日市西高等学校長
矢 田  覚