▼ ホーム
 


 


 

 

 ホーム > 学校改革の経営方針

    
  【様式】
平成29年度 学校経営の改革方針 (抜粋)
 
                                           三重県立四日市西高等学校   
 
1.目指す姿
  (1)目指す学校像  自主・自律をモットーに、地域から信頼される活力ある進学校を目指す。
  (2)    育みたい  児童生徒像

・自ら学ぶ喜び、わかる楽しさを実感できる生徒・生徒一人ひとりの持つ力を伸ばし、それぞ れの目指す進路を実現できる生徒       
 ありたい 教職員像

・教育の専門集団として力を高め、協働して活力ある教育活動を創造する教職員・「信頼」を 軸に、生徒、保護者をはじめ全ての関係者との絆を深め、安全で安心し て学べる教育環 境を創造する教職員                                
2.中長期的な重点目標                                                      
 教 育 活 動 ○ 学習指導
 ①質の高い授業の創造に努め、生徒が、自ら学ぶ喜び、わかる楽しさを実感できるよう授業の
  充実を図ります。
 ②教科マネジメントを確立することにより、学びの仕組みを十分に機能させ、基礎学力の定着
  と自ら設定した進路希望を実現するための、確かな学力の定着を図ります。
○ 生徒・生活指導
 ①生徒の自己指導能力向上を図ります。生徒が自主的に判断、行動し積極的に自他をいかして
   いくことができるよう指導援助します。
 ②授業規律、生活規律の指導を通して、生徒の社会的な資質や能力・態度の育成を図ります。
 ③安全安心な環境整備づくりに努めるとともに、生徒の自己防衛能力向上を図ります。
 ④学校行事・クラブ活動・生徒会活動・ホームルーム活動を充実させます。
○ 進路指導
 ①生徒一人ひとりが、将来の目標の設定とその実現に向けて自ら考え行動し、粘り強く努力す
   るよう育成します。
 ②進路関連データの収集・解析・管理を組織的に行い、有効に活用する体制を構築します。
○ 人権教育 
 ①これまでの人権・同和教育の成果をふまえ「信頼」を軸に、人権感覚溢れる学校づくりをし 
    ます。
 ②いじめ防止対策基本方針を踏まえ、3年間を見通した系統的な人権教育の指導体制を構築し  
   ます。
○ 保健管理 
 ①生徒が、生涯を通して健康な生活を送れるよう、自ら学ぶ姿勢と自己管理の行動化を図ると 
  ともに、危機を未然に防ぐ体制を構築し、安全で安心して学べる学校づくりをします。
3.本年度の行動計画
     項  目                   取 組 内 容 ・ 指 標
  1学習指導 (1)継続して授業力の向上に努めるとともに、今後の教育改革の動向をふまえ、生徒が主
  体的、協働的に学ぶ指導の在り方について研究を深めます。
(2)家庭学習定着支援課題(週課題)に継続して取り組みます。
(3)生徒が最も適切な科目選択ができるように、指導方針や指導方法について教科、学年
  団、進路指導部が連携して継続的に検討します。
(4)学習ガイダンスに必要なツールを整えることで、生徒の自ら学習に向かう姿勢を確か
  なものにします。
(5)教科会議において授業内容や進度、考査等を適切に管理するとともに、学習指導にお
   ける諸問題について検討し、対策を立案します。
(6)生徒一人ひとりの学習状況を把握し、時期を逸することなく「課題・補習・面談」を
   実施するよう努めます。
  2生徒指導 (1)状況に応じて、どのような行動が適切か、生徒が自分で考えて、判断し、実行する能力
   を育成します。
(2)規範意識やマナー向上の指導を通して、その意味や社会の一員としての在り方につい
   ての自覚を促します。
(3)安全で安心な教育環境の整備に努めるとともに、生徒の安全に対する意識を高めます。
  3特別活動等 (1)生徒会活動を活性化させ、学校行事を生徒主体で取り組めるよう継続して指導します。
(2)信頼できる人間関係の構築を軸とする質の高いクラブ活動に継続して取り組みます。
  4進路指導 (1)学年集会、進路ガイダンス等日常生活のあらゆる場面で、生徒の進路希望実現に向け
  た支援と指導を継続的に行います。
(2)考査や模擬試験の分析、検証の結果をもとにして、生徒の進路希望が適切に設定でき
  るよう支援します。
(3)生徒の入学時から卒業までの成績推移等、個別データを関係教員間で共有できる仕組
  みを進路指導部が進路検討会などを通じて構築し、担任、教科担任、部活動顧問等そ
  れぞれの関わりのなかで生徒の第一希望の実現に向けた指導力を高めます。
  5人権教育 (1)教職員は「人権教育はすべての教育活動の前提である」という認識に立って行動します
(2)いじめ防止対策基本方針をふまえ、3年間を見通した系統的な人権教育の指導体制を
  構築し、全教職員が協力して取り組みます。
  6保健管理 (1)生徒の健康状況を継続的に把握し、その情報を関係教員間で共有するとともに、家庭
  との連携を深めます。
(2)校内安全点検を実施し。危機を予測し継続的に改善に努め事故を未然に防ぎます。
                   
   
   

本校のホームページの閲覧は、「Internet Eplorer5.0」以上のブラウザを推奨しています。

ホームページ上から書類をダウンロードするには、「Adbe Acrobat Reader」が必要です。  

 
|  ホーム  | 学校長あいさつ | 概要と沿革  | 基本理念 | 学校改革の経営方針 |施設紹介 | 進路状況 |

Copyright(C) 2007 Yokkaichi Nishi High school All Rights Reserved

2017年6月28日